慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

法学(憲法を含む)

夏スク II 期が終わりました。

 

神野潔准教授(東京理科大)の薦めて下さった入門書籍を、

忘れないようにメモしておきます。

 

  

 

 

 

 こちらは、法学史について・・・

 

 

 -----------------------------------------------------------------------------------

夏スクの参考図書 ↓

   

こちらは、アマゾンで買って事前に拾い読みしていました。

慶應通信のテキストと比べながら、パラパラと読みました。

コンパクトにまとまっていて分かり易いです。

アンダーラインがいっぱいです。

初学者には、汚せる参考書が必要ですね。

 

夏スクを受講して、法学史や法思想史について興味を持ちました。

社会で生きる私たちにとって、法的知識と法的思考を身につけることは

欠かすことのできないスキルだと実感しました。

 

今回のII期は、中の3日間が仕事をしながらの睡眠時間4時間という

無謀の中で挑みましたが、何とか終了できました。

40時間連続で起きていると、

作業的行動は出来るが、思考を伴う行動は難しくなることも実体験しました。

身体は起きていても、脳は部分的に寝ているのかもしれません。

睡眠不足は軽度の前頭前野機能障害のような状態になると心理学で学びましたが、

極端な状況を体験したこととなりました。

思考を伴う行動ができないとは、つまり意識して判断をしながらの行動がとれず、

機械的な行動しかできない事を指します。

私の場合、数字を思い出すことができませんでした。家の部屋番号やポストを開けるの暗証番号さえも出てきません。あれ??って感じでした。

考えようとすると、寝てしまいます。

 

深く思考しようとすると、頭がそれを拒否することが良くあります。

そんな時は、慢性的な睡眠不足かもしれません。

 

睡眠を十分にとることと、有酸素運動をして生理機能を高める必要が有りそうです。

頭の回転が鈍ってきたと感じる今日この頃です。

心を休めながら 脳と身体を鍛えて、充実した人生を送りたいです。

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!