読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

簿記論_レポート提出しました!

月末の引越しに向け、我が家はゴミ箱をひっくり返したような状態です。

慶應通信の教科書類は、ほぼ段ボールの中へと移動済み。

そんな状況で、出せるレポートは・・・。

 

簿記論のレポートを仕上げました。

その昔、TACやLECなどで簿記は 少しかじったことがあります。

でも、昔の話ですので忘れていますね。

やはり参考にする本は必要でした。

素直に紹介されたものを購入。

 

 

 

思い出しながら、解答しました。

 

私が簿記3級を初めて独学で勉強した時は、

このシリーズを使い、何も知らない素人の私が

簡単に理解できたことを覚えています。

でも練習不足で、試験は2回受ける羽目になりました。

10日でマスターは、嘘ではありませんでした。

 

その後は、

      

を使ったような気がします。

じっくり勉強しました。

 

問題集は、問題パターンと解き方がシックリきました。

 

 

そうそう、電卓の使い方もよく知らなかったので、

こんな本も買って、電卓の使い方を学びました。

 

へ~~!と、思ったことは覚えていますが、

今ではすっかり内容を忘れています。

 

本屋で見かけた方は、ペラペラとめくってみると

新しい発見が有るかもしれません。

 

 

簿記はパズルのようで、面白いです。

1級まで勉強しましたが、試験は3級止まりです。

 

これを機会にもう一度学び直して、

せめて2級くらいは取得したいですね。

 

あれこれ手を出す余裕はないのですが、

折角だから・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする