慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

F.o.R. って・・・聞いたことありますか?

f:id:taka434:20140130090755j:plain

 

私は初めて聞きました。F.o.R.

 

F.o.R とは、

Frame of Reference の略で英語構文の判断枠組みを意味しており、

薬袋氏が提唱している英語を論理的に理解する方法論の事を指します。

 

 

 

わたしは英文を読むときに、

英文の構造を意識して読まないと意味が良く分からないので、

記号を書いたり、カッコ書きにしたり、矢印を 付けたりと工夫しています。

が、

すべて自己流なので、困っていました。

品詞の理解も中途半端ですから、

全ての単語からは 文の構造を理解できず、

なんとなくこうなっている程度です。

でも理系の頭では、その方が理解しやすく、

「英文の構造を理解する手助けになる自習書は無いかな?」

っと、以前より思っていました。

 

ありました。

 

高校英語教科書・参考書部門でベストセラー1位なんですね。

知らなかった。

もっと早く出会っていれば。。。

 

基本的なことから長々と書かれていますので、

最初は重たく感じるかもしれませんが、

復習のつもりで読むと良いでしょう。

英語の構造を丸裸にできるようになれば、

今後複雑な英文を見てもビビる事は無くなるでしょう。

 

著者の薬袋善郎氏は他にもたくさんの本を書かれています。

基礎固めをした後は、

色々と読んでいきたいです。

 

アマゾンでは、本の中の一部を閲覧できます。

 

 

こちらも気になっています。

今後購入も検討しています。参考にどうぞ。

   

 

レベルが高くて、まだまだ先になりそうです。

でもこのレベルには、憧れます。

     

 

目移りせずに、一冊をやり遂げる事が重要です。

まずは1冊を何度も復習して自分のものにする事から始めます。

 

 英語に行き詰っている方は参考にしてください。

英文法の知識が生きてくると思います。

違う角度から見るので、復習になります。

(私は英文法も中途半端ですが)

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする