読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

「日本の空は変わったか」と「英語落語」

 

f:id:taka434:20131008074745j:plain

 

 月曜日の夜スクの帰りに気になるチラシを見つけました。

   港区民大学とあります。

 

「港区民大学」は、

港区スポーツふれあい文化健康財団と慶應義塾大学の共催による生涯学習の講座のようです。大学における研究成果を公開することで、区民の学習意欲に応えることを目的としています。慶應義塾関係者と港区在住者、在勤者、在学者を対象としています。

 

慶應義塾大学商学部の教授や准教授の話に興味があります。

大学の先生方からはどのように見えていて、どうお考えになっているのでしょうか?

「なるほど!」と思える事が少しでもあれば、大きな収穫です。

ぜひ参加したいのですが、12日は仕事です。

仕事を休めるかどうか、要検討です。

いっその事、誰かに講演内容を録音してもらいたいくらいです。

 

科目試験の19日にもありますが、

午前中は子守で外出できません。

残念です。

何か良い方法はないものか・・・・。

 

興味のある方、

申し込みは先着順でこちらからできます。

プルダウンで、通信生を選べます。

詳細リンク ⇒ 2013年度 港区民大学

 

 

話しは少し横にそれますが、

この催し物をきっかけに慶應義塾大学のホームページを改めて見てみました。

 

慶應義塾のホームページ内のイベントカレンダーには、

その他いろいろな催し物が掲載されていますので、

興味のあるものには参加してみるのも良いかも知れませんよ。

 

例えば、英語落語!

これは面白そうです。

申し込み不要で、通信生も参加可能です。

詳しくはこちら⇒「英語落語」開催のお知らせ 

 

こちらは休日なので、参加できそうです。

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする