読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

夜間スクーリング_1日目

 

昨日の9/23(月)

はじめての夜間スクーリングに行ってきました。

祭日でしたが、仕事をお休みしての参加です。

 

授業時間は、18:20~20:05

実施場所は、三田キャンパス 西校舎でした。

出席は取りません。

最終日のテストで評価します。

 

もちろん持込不可です。

 

 

初日で仕事がお休みという事もあり、

余裕を持って行動したのですが、

三田キャンパスに着いたのは1時間前でした。

 

まだ通学生が授業をしている教室が

あちこちにありました。

 

夜スクで使用される教室は空いていましたが、

電気も点いていないので、

入室せずに中庭で持参した本を読んで過ごしました。

 

18:00頃になると、あちこちの教室で電気が消え

本を読みにくくなったので、

講義のある教室へ移動しました。

中高生時代と同じ程度の小さい教室でした。

前の方はもう既に数人が座っていました。

 

授業は前方と決めていますので、

前から4番目くらいに詰めて座りました。

目が悪くなったのと

講義に集中するのには

前方の方が都合が良いです。

 

夏スクでは使用しませんでしたが、

今回は、ボイスレコーダーを使ってみました。

パワーポイントのスライドは

スマホのカメラ機能を使ってサクッと記録しました。

資料を配られているので、

わざわざスマホで記録することは、

ほとんどありませんでしたが、

話を聞きながらメモを取って。。。

といった忙しい受講は避けることができました。

もちろんその場でのメモはたくさんしました。

 

ところで

 私の持っているボイスレコーダーは

こんな物です。

 ↓↓↓

OLYMPUS  Voice-Trek V-61/51)

古いものですが、

音声に反応して自動的に録音の開始、停止を

行う機能が付いていて、空白時間が無くなるので

気に入っています。

 

聴くときも、再生スピードを変更して聴くことができるので

短い時間で復習もできます。

 

便利な世の中になりました。

 

 

電子機器を使う時に

わたしが注意していることが有ります。

 

例えば録音をしていると、

今自分が聞き逃しても、録音しているから

「後でジックリ聞き直せばいい」

といった意識に支配されるな!

ということです。

バックアップがあるから、後で・・・

と思うと、現在に対する意識がとても弱くなります。

聞き逃すまいと必死に聞く事で集中力も増しますし、

その場で理解し覚えて帰ろうとすれば、

無駄な時間を過ごしません。

 

意識していないと、

まっ、いいか。。。

と、楽な方に行ってしまう私ですので

気を付けています。

 

 

昨日は、簡単なイントロダクションでしたが、

丁寧に教えていただきました。

既に数冊 関連図書を読んでいるので

理解が容易です。

だんだん難しくなっていくとおっしゃっていました。

楽しみです。

 

ノートにまとめながら、

復習と予習をしておこうと思います。

夏スクと違い時間があるので

ゆっくり参考文献も拾い読みしようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

 

広告を非表示にする