慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

またも慶應から白い封筒が・・・

そう。

夜スクの受講票でした。

 

はじめての夜スクは、『経済学』です。

今月末から

また、新しい体験が始まります。

楽しみです。

 

 

少しづつ参考文献を読んで備えたいと思います。

古本で手に入れた

この本をまずは読んでいます。

 

 

参考文献として

いちばん上に書いてありましたから・・・。

 

通勤時間に読んでいます。

自分の本なので、

自由に線も引けます。

 

優しい文章なので、

500ページを超えますが

苦痛を感じることなく読めそうです。

 

 

 

 

講師の北條陽子先生の書かれた本は

あいにく図書館には有りませんでした。

 

 

 

 

   

 

この2冊は、これから何度もお世話になるのでしょうか。。。

じっくり読みたい本です。

 

まだ、買う勇気はないです。

 

参考文献は、近所の図書館のmyリストに

登録しておきました。

これで簡単に借りることができます。

 

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!