読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

通信教育課程でのレポートの書き方

レポート作成

夏スクのオリエンテーションの今日、

10:30より日吉キャンパスのとある教室で

『通信教育課程でのレポートの書き方』

という内容で講演が有りました。

 

通信教育部副部長の岡原正幸教授

(文学部社会学)からでした。

 

お話はとても面白くアッという間に時間が過ぎました。

 

実は私、科目試験前にも

レポートに書き方に随分と悩みまして、

本だけではなく

ネットでもいろいろな情報を探していました。

その時に偶然見つけたのが、

岡原正幸教授のこのホームページでした。

リンク⇒通信教育課程でのレポートの書き方

 

それを見ながら、ノートにまとめていました。

前日まで書いたことも忘れていましたが・・・。

 

ですから今日は、

自分だけ「レジュメ」を持参した感じで講演が聞けました。

f:id:taka434:20130806214627j:plain

 書き写す時間より、聞く時間を重視できたので

より理解が深まったような気がします。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする