慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

夏スクの受講票が届かない

いろいろな方のブログで

夏スクの受講票が届いた話が

書かれてあります。

 

わが家のポストには、

まだ訪れておりません。

 

心配です。

『kcc-channel』を見ましたが、

何にも表示されません。

まだ、準備中って感じですね。

 

受けつけられたのか、

受講料を払ったのを確認できているのか、

不明です。

 

早くシステムが稼働することを祈るばかりです。

 

数千人を対象にいろいろな管理を

今までよくやってきたものだと

違う意味で感心してしまいます。

(決して皮肉ではありませんよ。)

 

IT技術は近年どんどん進んでいる。

私自身も取り残されないようにしたい。

 

 

受講票が早く届きますように。

 

 

 p.s.

kcc-channelで面白い案内を見つけました。

論理学の夏スクの資料です。

『不思議の国アリス』の著者は論理学者ですが、

その彼が提案した

「これから論理学を学ぼうとする者に対しての規則」

が解説を付けて書かれてありました。

私の体験からもその通りだと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする