慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

コッペリアを観ました(バレエ)

先週末は、仕事を休んでバレエ鑑賞に

家族で出かけました。

『小品集』と『コッペリア』全幕

 

とは言っても、

娘の発表会を見に行っただけですが・・。

こちらの発表会は

いつも感動してしまいます。

 

土日の両日開催され、

前半は『小品集』で、日ごろの練習の発表です。

後半は『コッペリア』全幕で、

出演者が若干異なり演出も少し違ったかな?

見ていて楽しい、陽気で明るい喜劇でした。

 

 

娘の踊る『小品集』は

練習通りに踊れるかな?などと思いながら

我が子を探しながら見ていました。

リハーサルで悪かった部分の修正は

出来ていたようです。

 

 

それに対し全幕の1日目は、

娘が上手く踊れるか少しハラハラしながら

見ていましたが、立派に踊っていました。

 

 

YouTubeに、雰囲気の伝わるものが有りました。

これは東京シティ・バレエ団のものですから、

当然別物ですが、舞台や衣装など雰囲気は

正にこんな感じで そっくりでした。

びっくりするくらい似ています。

 

バレエを観ると

舞台芸術ってすごいなぁと

いつも感心してしまいます。

 

時間のある時にでも、見てください。

2分チョットです。

素敵ですよ。



 

私はコッペリアを知らなかったので、

ウィキペディアでザックリあらすじを読んでおきました。

あらすじを知っていると、理解しやすいですね。

ワクワクしながら観ました。

 

リンク ⇒ コッペリア(wikipedia)

 

マイム(しぐさ)が多いバレエでした。

分かり易かったですが、

所々あれはどんな意味なのだろう?

などと考えながら見ていました。

 

英国ロイヤルバレエ団の

解説付きDVDがあるようです。

 

マイムの意味などの解説もあるから、

この様なDVDを観るのも

更に理解できて良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

わたしとは関係ありませんが、

韓国の10歳の少女だそうです。

コッペリアのバリエーションです。上手に踊っていますね。

うちの子もこのくらいのレベルまで行けるかなぁ?

 

 

 ちなみのこれは

第1幕の最初にスワニルダが踊るワルツで、

ちょうど舞台右上辺りの椅子に座っている

コッペリアに対して手を振ったりしますが、

人形であるコッペリアが無反応なので

スワニルダは少し不機嫌だよ~

といった感じの踊りです。

 

 

 

以上、親ばかな報告でした。

 

 

PCを置いている部屋に

おばあちゃんが泊まっていたので、

ブログ更新できませんでした。

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする