読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

卒業以外で慶應通信を去った人たち

エクセルで表を作ってみました。

 

f:id:taka434:20130711142433j:plain

 

データ出所

  *1 データで見る通信教育部:http://www.tsushin.keio.ac.jp/data/index.shtml

  *2 ニューズレター4月号

  *3 ニューズレター6月号

  *4 慶應義塾大学のサイト:http://www.keio.ac.jp/ja/about_keio/data/student.html

 

 

卒業以外で去ってしまった方たちは、

生涯学習目的で学び、

卒業は本来の目標ではなかったのかもしれませんので、

一概に継続できなかった人たちと

決めつけることは出来ないと思いますが、・・・。

 

しかし、

13~14%位の人たちは卒業できずに去っています。

卒業できた人は、在籍者の3%弱くらいです。

去って行った人の中では、

卒業できた人は、1,405人中 252人ですので

17.93%になります。

 

 

経済学部の人の数字が、

あまりよくありません。

 

この事実を自分にしっかり突きつけて、

卒業を目指して頑張りたいです。

 

 

 

 

通信で学んでいる、ほかの方のブログは → こちら

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする