慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

経済学の参考文献 その後

とりあえず手に入れた本を読んでいます。

 

消化不良気味です。

 

図や式が出てきますが、サラッとは読めません。

文字は読んでも中身が理解できるのに時間がかかります。

 

初めてこの手の本を読む人には、

少し難しいかもしれません。

簡潔にまとめられているので

復習用には最適の印象を受けました。

 

読みながら、以前読んたことのある

マンキューを思い出したりしましたので、

分厚い本のほうが分かり易いのかもしれませんね。

マンキューもところどころ読んだだけですが。

 

 

図書館の本をネットでたくさん予約したので、

色々読み比べてみます。

短い期間でミクロとマクロの基礎を学ぶ

夏期スクーリングの参考文献が手ごろなのかなと、

思い始めました。

 

参加できるなら履修したいサマスクです。

 

 

 

 

算数の知識は、どの科目に行ってもついてきそうです。

辞書的に使える参考書などが欲しくなります。

 

 

すべての科目が現在中途半端です。

 

気持ちがあれこれ分散して、前に進んでいません。

 

 

 

 (スマホから投稿を、再編集しました。5/14)

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする