読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信の学び方_アラフィフ親父の場合

通信教育課程2年目に入りました。40代も今年が最後。教養のある素敵な大人を目指して挑戦中です。仕事と家庭と勉強のバランスが難しい現状ですが、挫けずに頑張る姿を残していきます。コメントやお便りもお待ちしています。    (インターネットエクスプローラーではきれいに表示しない場合があります。その他のブラウザをお試しください。)                                          

論理学の教科書を読んでみました。

統計学の教科書は気を失いましたが、

論理学はどうでしょうか?

 

夜勤前に、職場の近くの茶店で

コーヒーを飲みながら勉強をしたり

今後の予定を立てるのが、

私のスタイルです。

 

テキストの見開きには、

「論理的な推論や真偽概念について

 基本的な事柄を学ぶことが目的」

 

「テキストだけに集中し、暗記するほど読む」

 

「B群」

 

などと書き込まれています。

 

そう、

『テキスト科目履修要領』や

『塾生ガイド』から

ポイントを書き写しています。

 

では、はじめます。

いつものように『目次』に目を通します。

そしてどのような内容か想像します。

 

次に本全体を最初から最後まで眺めます。

この本と顔見知りになります。

表題や太字の部分、目に飛び込んでくる単語によって

話題の方向性をつかみます。

気になる所は、数か所読んでみます。

 

『知ってる!』、『知らない・・・』、

『面白そう!』など感情が動きます。

あえて「難しそう」とは思わないようにします。

 

気持ちが萎縮すると、

受け入れられなくなってしまいます。

 

ココを読む頃には、こんな内容が理解できているのかと

ワクワクしながら賢そうな自分を想像し、

目を通しました。

 

第1章から読みます。

右手には、フリクションの蛍光ペン。

キーワードを中心にマーカーでラインを引くことで、

意識を傾けます。

 

21ページまで読み進めたところで、

時間です。

今後が楽しみな内容です。

面白いですよ。

練習問題までもう少しなので、

そこまでは早めに進みたいと思っています。

 

 

明日の夜勤明けは、体がきついし

明後日は入学式で朝から夕方まで外出予定。

 

入学式後かな?

 

とりあえず、今晩の仕事に専念しよう。

 

 

 

 

 

 

  にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
  にほんブログ村

クリックありがとう

  ございます!

 

広告を非表示にする